見出し画像

不労所得は株や家賃収入だけじゃない! レバレッジを効かせてあなたのビジネスを拡大する方法

できるだけ小さな努力で、大きな成果を得たい・・・

全人類共通の密かな願望です。

「努力」こそが正しくて、「努力」こそが神聖で、「努力」こそが夢を叶える近道だと唱えられがちですが、それは半分正解で半分不正解です。

力の入れどころ次第で、努力がもたらしてくれる結果は大きく変わるのです。

小さな力で、大きな成果を生み出すためには、どうすれば良いのでしょうか? そのヒントがここにあります。

てこの原理で、最大効果を手に入れる

どうして、世の中にはラクにお金を稼げる人と、必死で働いても、その日の生活費ですべて消えてしまう人がいるのでしょうか?

経済的な基盤もなく、ただ必死に努力しているだけでは、ブランド人への道も開かれません。

2019年2月の「田端大学」定例会では、ロバートキヨサキ氏の「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」を課題図書とし、パーソナルファイナンスについて学びました。

そこでポイントとなったのが「レバレッジ」という考え方です。

レバレッジ(英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。

原義は「てこ(レバー、lever)の作用」。

(Wikipedia「レバレッジ」より)

以下、2019年2月の定例会での田端信太郎のラップアップより、レバレッジを効かせたビジネスについて、実例を交えながらお届けします。

「えびそば一幻」かけ算のレバレッジ

画像5

田端:「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」の中で、非常に大切なポイントが「レバレッジ」です。

どうすれば
今自分がやっている仕事を
より多くの人に
より少ない労働で
より安く提供できるか?

レバレッジとはそのための手段です。

例えば、あなたがラーメン屋を経営しているとします。どのようにレバレッジを効かせますか?

・・・

僕の答えは、「カップラーメン」です。

レバレッジを効かせた分かりやすい例の1つに、札幌の「えびそば一幻」というラーメン屋があります。この店は、もともと北海道で有名なお店で、日清食品とコラボして、カップラーメンを販売しています。

画像1

(画像引用:「えびそば一幻」公式HP

実は、ぼく自身が、先にこのカップラーメンを食べたことをきっかけに、ずっと「食べてみたいな」と思っていて、新千歳空港に寄った際に、店舗にも行ってみました。

ラーメン屋というと、こだわりのスープや、湯切りの技術などもあって、一杯一杯その場で心を込めて作るのが良いというようなイメージがあります。それはそれで良いのですが、そのままだったら結局、収益は労働の対価にしかなりません。

ところが、日清食品とコラボしたこのカップラーメンが、全国のローソンに置かれることで、かけ算のレバレッジがかかったわけです。

日清食品が作って×全国のローソンで売られる

実際にどういう契約状況になっているのかは全く分かりませんが、ブランドの使用料だとか、認知度向上だとかで、「えびそば一幻」が得るものは大きいはずです。

でも、このカップラーメンを一幻の店長がいちいち作っているわけないですよね。これがレバレッジです。

個人で稼ぎたい人でも、ブランドを拡大する上でも、このレバレッジをいかに効かせていくかを考えるのが、非常に大切なわけです。

レバレッジのない仕事、レバレッジのある仕事

田端:例えば、レバレッジのない仕事を挙げるとすると、

・シェフが料理を作る
・俳優が演劇に出演する
・ミュージシャンが駅前で弾き語りをする

などがあります。どれも当たり前にあるし、これが悪いやり方かと言われたら、そういうことではないです。ただ、レバレッジはない。

これにそれぞれ、レバレッジをかけたらどうなるか分かりますか?

・シェフがレシピ本を出す
・俳優が映画に出演する
・ミュージシャンがYoutubeに演奏動画をアップする

前者はどれも自分がその場にいて、自分が直接やらないといけないことです。しかもその場限りで終わること。でも後者は自分がそこにいなくても、勝手に動いてくれるメカニズムです。

レバレッジ有無

これができると、「不労所得」が手に入れられるようになるんです。

不労所得というと、株の配当とか、家賃収入のことばっかり考えられるんですけど、もっと色々あるんですよ。

有名シェフがレシピ本を出して、増刷がかかるのも不労所得の一つですよね。

本・出版なんかは典型的なレバレッジの一つで、5000部売れる本も、1万部売れる本も、10万部売れる本も、著者の手間は一緒です。初版が売れたあとは、印刷機の稼働が変わるだけ。

こんな感じでレバレッジを使うと、一見「こんなもん無理やろ」って思うようなことが実現可能になります。

時給150万円の原稿執筆ができた理由

田端:例えば、原稿執筆の価格って、時給換算するとどれくらいか分かりますか? 時給2~3万円としてもかなり良いほうです。

では、時給150万円の原稿執筆ってあり得ると思いますか?

一般的に考えると、絶対無理、絶対あり得ないと言われるような金額なんですが、こんなことが可能になった事例があります。

これは、僕の実体験です。

僕の書いてるnoteの中に2つ人気の記事があって、実はその2つの記事だけでこれまでの累計売上が600万円を超えているんです。(※2019年2月当時)

画像3

就活」と「英語」のnoteなんですが、多くの人が興味がある普遍的なテーマだからか、記事を出してから3年以上たった今も、いまだに購入され続けています。

これ、それぞれの記事を書くのに1記事あたり2時間くらいしかかかっていないので、時給換算すると150万円超になるんですよね。僕の原稿料としても圧倒的に一番時給単価が高いです。

ロバート・キヨサキ氏の言葉の中に、こんな一節があります。

<ロバート・キヨサキ曰く>

--------------------------

自分の労働を切り売りすることで、問題なのは、労働には長期的な残存価値がないことだ。

資産用の不動産を買って利益が出るようにそれを貸せば、その不動産を獲得するためにキミが費やした労働は、その後何年にも渡って、繰り返し報われる。

--------------------------

これを、田端流に言い換えるとするならば、

<田端信太郎の応用>

--------------------------

自分の労働を切り売りすることで、問題なのは、労働には長期的な残存価値がないことだ。

定番ネタになるnoteを書いて、それを拡散すれば、そのnoteを書くためにキミが費やした労働は、その後何年にもわたって、繰り返し報われる。

--------------------------

ということなんです。

今やっているその労働がその場限りのことなのか、それとも未来の利益につながることなのか、それを考える視点をぜひ皆さんには持ってほしいと思います。

(終)

本記事は、2019年2月に開催された田端大学定例会での、田端信太郎のラップアップを一部抜粋して再構成しております。

定例会の全編は、過去のものも含めて、田端大学内で観ることができます!

画像4

文:但馬 薫

97
オンラインサロン「田端大学 ブランド人学部」公式メディア。“チャンスを見逃すな!” “時代を乗りこなせ!” 自分の人生をつかみ取りたいと渇望しながらも、一歩を踏み出す勇気が出ない人々の、背中を押すメディアです。

こちらでもピックアップされています

定例会&イベントレポート
定例会&イベントレポート
  • 20本

田端大学でMVPを決める、毎月1回の定例会を中心に、イベントの気になる内側を紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。