見出し画像

目標達成にはコツがある!3つのステップを押さえることで、目標達成率が上がる!

こんにちは。田端大学公式メディア「BIG WAVE」のライターのりゅうじんです。

新年度を前に、仕事での新しい目標設定、達成方法を探している人は多いのではないでしょうか?また、これまで設定していた目標が思うように実行できず、達成できていないという人もいるかもしれません。

安心してください。目標達成には方法があり、目標設定/達成のコツを知り、実践することで達成する確率を上げることができます。

今回の記事では、私が目標達成の確立を大きく上げることができた三谷淳氏の著書「目標達成の全技術」、また、オンラインサロン「田端大学」の中で田端信太郎から学んだ、目標達成のポイントをお伝えします。

目標達成までの道のり

画像3

設定した目標を達成する人たちは、達成までの道のりを以下の3つステップに分けて、行動しています。

・第1ステップ「目標を設定する」
・第2ステップ「実行計画を作る」
・第3ステップ「計画を実行する」

そして、それぞれのステップには、「達成するためのコツ」があります。それでは、各ステップの重要なポイントについてお伝えしていきます。

第1ステップ「目標を設定する」コツ

まず、目標設定における重要なポイントをお伝えします。

「できる数字」ではなく「やりたい数字」

目標に数値を入れて設定している人は多いと思いますが、その「設定する数値」が目標達成のために非常に重要になります。

目標設定するときに、「これぐらいなら達成できるだろう」と手軽な目標を設定している人は多いのではないでしょうか?実はこれが間違いなのです。人間の脳は、自分がやりたいことしか頑張らない特徴があります。

学校の先生や上司に決められた目標より、自分が自ら設定した難しい目標のほうが、夢中で取り組み達成できたという経験はないでしょうか?このように目標に掲げる数値は「自分がワクワクする達成したい数値」を設定するべきなのです。

達成している人に相談する

目標を設定する際に、すでに同じ目標を達成している他人に相談することには、主に2つのメリットがあります。

まず、一つ目のメリットは、自分で気づかない可能性に気づかせてもらえることです。自分のことは、分かっているようで分かっていないものです。

例えば田端大学では、入学月に田端信太郎と1対1でZoom面談を行うことができます。実際に私もこの場で田端信太郎に相談をし、マジレスで答えてくれたことで、これまで自分では気づくことができなかった多くのことを知ることができました。

2つ目のメリットは、目標達成に協力してもらえることです。達成している人に相談することで、経験者として有益な情報を積極的にもらえたり、相談に継続的にのってもらいやすくなります。

「検証可能性」と「期限」

目標は、いつまでに達成するという期限と達成状況を検証できるように設定することが重要です。期限をつけている人は多いですが、検証可能でない目標を設定している人は多いです。

例えば、目標を「来年の3月末までにビジネス英語を話せるようになる」と設定したとします。この目標は一見素晴らしい目標に見えますが、検証ができない目標です。「ビジネス英語を話せる」の基準が曖昧だからです。

「外国人のメンバーが入る英語の会議でファシリテーターをする」「海外のクライアントとの会議に一人で参加する」といった具体的な目標にすると、目標のレベルと自分のレベルの差が見えやすくなり、検証することができます。

第2ステップ「実行計画を作る」コツ

画像4

時間のマイルストーンを設定

達成する期限が遠いほど、行動する方向を見失いやすく、途中でやる気も失われやすくなります。そこで、マイルストーンを設定することをおすすめします。

例えば、3カ月で6kgのダイエットをするという目標を設定するとします。そうすると、「1ヵ月ごとに2kgずつ痩せる」「1日あたり約670gずつ痩せる」というマイルストーンを設定することで、実行しやすくなります。

ー結果ではなく行動を計画する

例えばあなたが自動車ディーラーの営業マンで「今月3台の車を販売する」という目標があったとします。この目標を達成するために必要な行動を計画に落とし込むのです。

・既存顧客10人に連絡し買い換えをすすめる
・名刺交換をした1000人にDMを送る

ー目標を公言する

目標を公言することには、主に3つのメリットがあります。

1つ目は、目標を口にだしたり紙に書くと、その後の行動に良い影響を与えるという「プライミング効果」を受けやすくなるということです。

2つ目は、自分にいいプレッシャーを与えることで、行動せざる得ない状況を作れること。

そして、3つ目は、周囲の人たちが応援してくれたり、助けてくれたりすることです。

数多くのメディアを担当してきた田端信太郎は、「メディアの中で取り上げた記事が予言となり、そのことが実現するということ多く経験している」と言います。

その経験から、Twitter、ブログ、noteなど個人メディアを立ち上げ、その中で自分が設定した目標を公言することをすすめています。そうすることで目標が達成しやすくなるというわけです。

第3ステップ「計画を実行する」コツ

行動計画が完成したら、あとは実行あるのみ!なのですが、なかなか実行できない、継続できない人もいるのではないでしょうか?

ーやればできることから行う

行動は一歩目が重要です。1番簡単にできる行動から行いましょう。ダイエットが目標であれば、トレーニングウェアやシューズを買うというような、行動すれば簡単に達成できることから始めるのがおすすめです。

ースランプでは行動量を増やす

行動計画どおりにやっても思うように成果がでないことも多いと思います。このようなスランプに陥った時にとってほしい行動は、とにかく行動量を増やすということ。

どんなことも、計画どおりに進むことのほうが稀です。やりながら改善を繰り返し、目標達成に近づけていきます。この時に行動量が足りないと検証できる項目が少なく、改善した計画精度が高くなりにくいのです。

ー上手くいかないときは数値化して改善する

上で示した目標例「今月3台の車を販売する」では、以下の2つの行動計画を作成しました。

・既存顧客10人に連絡し買い換えをすすめる
・名刺交換をした1000人にDMを送る

しかし、この行動の結果、2台しか売れなかったとします。そうした場合には、連絡する既存顧客数を10人から15人に増やす、送るDMを1000人から1500人に増やすなど、数値の改善を継続していきましょう。

このように目標達成のためには、達成するためのコツがあります。ぜひ試して、どんどん目標を達成してください!

しかし、その過程の中で、一人だけでは行き詰ることも遠回りしてしまうこともあると思います。そんなときには、田端大学に来てみませんか?

田端大学には、起業家、弁護士、医者などの士業、大企業で成功しているサラリーマンなど様々な分野で活躍している塾生がたくさんいます。あなたがが達成したい目標をすでに達成している人もいるかもしれません。

ともに目標達成に向かう同志、ときには良き相談相手となってくれるような出会いを、ぜひ見つけてくださいね。


画像2

この記事を書いたのは:りゅうじん

画像3

アグリテックベンチャーに勤務しながら、趣味を副業にして月数十万稼いでいる会社員。BIG WAVEでは、副業サラリーマンのQOLの向上に役立つ記事を担当。モットーは、「会社と田端信太郎は利用してなんぼ」
Twitter:https://twitter.com/smileryuji1110
17
オンラインサロン「田端大学 ブランド人学部」公式メディア。“チャンスを見逃すな!” “時代を乗りこなせ!” 自分の人生をつかみ取りたいと渇望しながらも、一歩を踏み出す勇気が出ない人々の、背中を押すメディアです。